麻生太郎金融相は13日の閣議後の記者会見で、西村康稔経済再生担当相が酒類を提供する飲食店が休業要請に従わない場合、「金融機関からも応じてもらえるよう働き掛けを行ってもらう」と発言したことについて、「特定の飲食店に対し、融資を制限する趣旨はない」と述べた。金融機関には「資金繰り支援を継続してもらいたい」と強調した。
 麻生氏は、イタリアで9、10両日に開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議への出張中に事態を把握。新型コロナウイルス感染拡大で資金繰りに苦しむ事業者への対応を優先する考えから、「普通に考えたらおかしい。ほっておけ」と秘書官に指示したという。
 西村氏は、8日夜の記者会見でこの発言を行い、与野党の反発を受けて9日に撤回した。 (C)時事通信社