西村康稔経済再生担当相は13日の記者会見で、酒類提供停止に応じない飲食店への働き掛けを金融機関に求める方針を一時示したことに関し、金融庁、経済産業省、財務省と事前に調整していたことを明らかにした。西村氏は「私の発言で混乱を招き、飲食店に不安を与えた。趣旨を十分伝え切れず反省している」と陳謝した。
 西村氏はまた、東京都への緊急事態宣言発令を決めるに当たり、菅義偉首相と関係閣僚も金融機関への働き掛けについて聞いていたと説明した。「首相官邸で関係閣僚の打ち合わせを行っている。事務方から感染状況などの説明を受ける中で金融機関や卸売業者への働き掛けにも触れられた」と述べた。 (C)時事通信社