【北京時事】中国税関総署が13日発表した6月の貿易統計によると、輸出は前年同月比32%増加した。新型コロナウイルスのワクチン普及に伴う世界的な経済正常化を受けて外需が堅調に推移し、伸び率は前月(28%増)を上回った。
 輸入は37%増。底堅い国内経済に加え、原材料価格の高止まりに押し上げられた。貿易黒字は515億ドル(約5兆7000億円)と、前月から拡大した。 (C)時事通信社