今秋に三重県で開催される国民体育大会と全国障害者スポーツ大会の実行委員会は13日、新型コロナウイルスの影響で同県に緊急事態宣言が発令されたり、まん延防止等重点措置が適用されたりした場合、両大会を一律無観客にすることも視野に入れる方針を示した。日本スポーツ協会国体委員会での承認を求める。
 実行委によると、観客数は会場施設の上限5000人かつ収容率50%。その上で、選手と観客との動線の分離が難しい競技会場では無観客にするという。県独自の「緊急警戒宣言」や他の都道府県で緊急事態宣言などが出ている場合も、一律無観客や県民限定の有観客を検討する。
 両大会への参加条件として、選手や監督、審判らに対し、来県前72時間以内のPCR検査を義務付ける。国体は9月25日~10月5日、全国障害者スポーツ大会は10月23~25日に開催される。 (C)時事通信社