【クアラルンプール・ロイター時事】マレーシアのカイリー科学・技術・イノベーション相は13日、クアラルンプール郊外の新型コロナウイルスワクチン接種会場のボランティアら204人の新型コロナ陽性が週末にかけて判明したことを明らかにした。会場の閉鎖指示を出したという。
 カイリー氏によると、9日から12日の間にこの会場で接種を受けた人は10日間の自主隔離を求められる。会場では消毒作業と職員の入れ替え後、14日に接種を再開する見通し。
 マレーシアは、これまでで最大規模の感染拡大の抑制に苦慮している。 (C)時事通信社