東京都医師会の尾崎治夫会長は13日の定例記者会見で、東京五輪の都内無観客開催が決まったことを受け、「ステイホームオリンピックを目指していきたい」と述べた。自宅でのテレビ観戦などを推奨し、外出する人を減らすことで新型コロナウイルスの感染拡大防止効果を期待している。
 尾崎氏はワクチンの効果がまだ各世代に行き渡っていないとの認識を示し、「人流を抑えて感染者を急増させないことが非常に大事になる」と強調した。 (C)時事通信社