菅義偉首相は14日、酒類販売業者に酒の提供を続ける飲食店との取引停止を求めた政府方針を撤回したことを受け、「多くの皆さま方に大変ご迷惑をお掛けした」として「私からもおわび申し上げたい」と陳謝した。一方、業者などへの要請については「具体的な内容を議論したことはない」と述べ、事前に詳細を把握していなかったことを強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 西村康稔経済再生担当相は、酒類提供をやめない飲食店への働き掛けを金融機関に求める方針も示したが、同様に撤回に追い込まれている。西村氏の責任に関し、首相は「(新型コロナウイルスの)感染防止のために、いろいろな対策を練ってきている。そういう中で丁寧に説明していくことが大切だ」と述べ、擁護した。
 また、今後の感染防止策について「最大の切り札はワクチンだ」と改めて表明。高齢者への接種を7月中に完了させるとした政府の目標について「実現し、安心・安全の日常を取り戻すことに全力で頑張っていきたい」と述べた。
 西村氏も14日の衆院内閣委員会で「事業者に混乱を生じさせてしまった。さまざまな不安を与え、誠に申し訳なかった」と語った。酒類販売業者や金融機関への要請に関し、7日の首相と関係閣僚の協議では「事務方から触れられたが、具体的な内容は議論していない」と説明。その上で「私の責任で決定した」と強調した。自民党の藤原崇、立憲民主党の今井雅人両氏への答弁。 (C)時事通信社