2020年度の地方税収決算見込み額が前年度比7000億円減の41兆7000億円になることが14日、分かった。前年度を下回るのは4年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大に伴う企業業績の悪化で法人2税(法人事業税、法人住民税)が大きく落ち込んだのが響いた。
 法人2税は前年度より1兆5000億円少ない7兆4000億円。20年3月期決算企業の納税分に新型コロナ感染拡大の影響が表れた。 (C)時事通信社