加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、酒類販売業者に酒の提供を続ける飲食店との取引停止を求めた政府方針を撤回した問題を受け、「酒類販売事業者が大変厳しい状況にあることをしっかりと踏まえ、支援の充実について早急に検討を進めていきたい」と述べた。新型コロナウイルスの影響が長期化し、与党から支援充実を求める声が出ていることを検討理由に挙げた。
 飲食店に支給する協力金の先払いに関しては、「都道府県でシステム改修等も必要になる」と説明。早期支給を目指すとしつつ、開始のめどは示さなかった。 (C)時事通信社