自民党の岸田文雄前政調会長を含む岸田派5議員の秘書各1人が新型コロナウイルスに相次いで感染したことが分かった。衆参両院の事務局が13、14両日に発表した。党内では「派内クラスター(感染者集団)発生では」との声が出ている。
 感染したのは岸田氏のほか小林史明内閣府大臣補佐官、深沢陽一、武井俊輔両衆院議員、馬場成志参院議員の各秘書。いずれも自宅で待機したり療養したりしている。岸田派は8日に東京都内で政治資金パーティーを開いていた。 (C)時事通信社