JR西日本は14日、鉄道事業用に使用している光ファイバーネットワークの一部を企業向けに貸し出す新事業を今秋から本格的に開始すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワークの普及などに伴い国内データ通信量が増大する中、鉄道輸送を支える光回線ならではの高い品質や信頼性を売りにする。データセンターなどによる利用を想定している。 (C)時事通信社