【ロンドン時事】英公共放送BBCは14日、最新鋭空母「クイーン・エリザベス」で乗組員約100人が新型コロナウイルスに感染したと報じた。クイーン・エリザベスは11、12両日、ソマリア沖アデン湾で日本の海上自衛隊と共同訓練を行ったばかり。今年後半には日本にも寄港を予定している。
 クイーン・エリザベスを中心とする空母打撃群には約3700人が乗艦。英政府は乗組員全員がワクチンを接種したと発表していた。
 報道によると、感染拡大は定期検査の一環で発覚。艦内ではマスク着用や社会的距離の確保などの対策が取られている。今後の作戦に支障はないという。 (C)時事通信社