【シリコンバレー時事】米マイクロソフト(MS)は14日、インターネット経由で基本ソフト(OS)を使えるクラウドサービス「ウィンドウズ365」を発表した。米アップルなど他社のOSを搭載したパソコンでも、ウィンドウズが使える。新型コロナウイルス禍で広がった場所や端末を問わない柔軟な働き方を支える。
 8月2日から企業への提供を始める。対象のOSはウィンドウズ「10」と年内投入の「11」。ナデラ最高経営責任者(CEO)は「ウィンドウズ365とともに、クラウドPCという新たなカテゴリーを打ち立てる」と語った。
 自宅で使っているアップルやグーグルのOSを搭載したノートパソコンやタブレットからも、職場のウィンドウズを使える。クラウド上にデータが保存されるため、紛失などによる情報漏えいリスクも低い。 (C)時事通信社