元日弁連会長の宇都宮健児氏は15日、東京五輪・パラリンピックの開催中止を求める45万筆超の署名を東京都に提出した。宇都宮氏は同日、都庁で記者会見し、全国的に新型コロナウイルスの感染拡大傾向にある中、「五輪期間中にもっと感染が拡大して大変な状態になる可能性がある」と訴えた。
 宇都宮氏は会見で、首都圏1都3県や北海道、福島県で無観客開催が決まったことに触れ、「復興五輪や新型コロナに打ち勝った証しとしての五輪という大義が失われている」と強調した。署名活動は5月からオンラインで行った。 (C)時事通信社