東京都は15日、新たに1308人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。都の新規感染者が1000人を超えたのは2日連続で、1300人を超えたのは1月21日(1485人)以来、約半年ぶり。前週の木曜日より412人多く、26日連続で前週の同じ曜日を上回るとともに、5月の「第4波」のピーク(1121人)を14日(1149人)に続き2日連続で上回った。
 小池百合子知事は記者団に「とても(増加の)スピードが速いと実感している。今も職場での感染が多いので、テレワークをもう一度考えていただけないか」と訴えた。
 国内の新規感染者は2日連続で3000人を超え、3419人になった。神奈川県で1月28日以来の400人台となる403人の感染が判明したほか、埼玉県(328人)で同30日以来の300人台に達した。死者は22人。
 一方、厚生労働省によると、国内の重症者数は396人で、前日から16人減った。一時1400人を超えた重症者が300人台となったのは4月2日以来、約3カ月半ぶり。
 都によると、新規感染者の直近1週間平均は882.1人で、前週比132.9%。年代別では20代が最多の450人で、30代256人、40代211人、50代153人、10代103人と続いた。65歳以上は45人。都基準の重症者は前日から3人増えて57人だった。 (C)時事通信社