全国市長会(会長・立谷秀清福島県相馬市長)は15日、新型コロナウイルスワクチンをめぐり、自治体の接種スケジュールに支障が生じないよう確実な供給を求める提言を、河野太郎規制改革担当相と関係省庁に提出した。
 提言では、自治体にワクチンの在庫があるとの指摘に対し、「2回目分のワクチンを確保した上で、1回目の接種を実施してきた経緯がある」と反論。予約が遅い高齢者の分も確保しており、「『在庫』といった性格のものではない」と強調した。 (C)時事通信社