菅義偉首相は15日、東京五輪の開幕を前に新型コロナウイルスの水際対策などを視察するため、成田空港を訪れた。空港職員に対し、対策のさらなる徹底を指示。この後、記者団の取材に応じ、「オリンピック・パラリンピック関係者の入国は16日からピークを迎える。水際対策を徹底することは国民の命を守るための政府の役割だ」と強調した。
 五輪のため来日した関係者の行動制限が守られていないとの一部報道については、「国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長にも強く指摘した。(行動制限の徹底は)できると思う」との見方を示した。 (C)時事通信社