東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、東京臨海部の「夢の大橋」に設置される第2聖火台について、五輪期間中は来場の自粛を求めると発表した。都が緊急事態宣言下であることを踏まえた。高さ約1メートルのフェンスで制限区域を設け、近づけないようにする。
 アーバン(都市型)スポーツの会場が集まる臨海部で五輪期間中に予定していた選手の練習公開や競技体験、エキシビション、フェスティバルなどのイベントは実施を取りやめる。パラリンピック期間中については、今後の新型コロナウイルス感染状況を見て、五輪終了後に判断する。 (C)時事通信社