全国知事会(会長・飯泉嘉門徳島県知事)は15日、新型コロナウイルス対策をめぐり、河野太郎規制改革担当相とテレビ会議で意見を交わした。河野氏は、ワクチンの供給量が不足していることに関し「(接種の)ペースを維持できないということで、はしごを外した形になってしまい大変申し訳なく思っている」と陳謝した。
 一方、ワクチンの在庫調整問題では、都道府県が市区町村にワクチンを配分できる「調整枠」が設定されることになった。飯泉氏は会談後、記者団の取材に「当面の(国と地方との)食い違いは埋まっていくのではないか」との見方を示した。 (C)時事通信社