Jリーグは15日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ出場から帰国したG大阪の選手2人とスタッフ2人、川崎のスタッフ2人が新型コロナウイルス検査で陽性判定を受けたと発表した。
 両クラブは試合が行われたウズベキスタンから同じチャーター機で12日に帰国。空港での検査は全員陰性だったが、14日の検査で陽性となった。17日のJ1福岡―G大阪、清水―川崎の2試合は陽性者を除いて実施される予定。 (C)時事通信社