自民党は15日、まん延防止等重点措置期間中に東京都の要請に反する形で会食を行った穴見陽一衆院議員(大分1区)を、党の役職停止処分としたと発表した。二階俊博幹事長名で本人に通知した。穴見氏は労政局次長などを務めていた。
 都は、重点措置期間の酒を伴う会食について「2人まで」、「90分以内」と要請していた。 (C)時事通信社