東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、大会の新型コロナウイルス対策規則集「プレーブック」に違反する行為を確認した場合は「厳正な対処に努めている」と明らかにした。
 丸川珠代五輪担当相がこの日、東京五輪で来日した関係者の行動制限が守られていないとの一部報道を受け、組織委に対して対象者を速やかに特定し厳格な処分を行うよう求めたと述べていた。 
 組織委は厳重注意や誓約書を求めたケースはあるとし、「軽微な事案でも厳重注意が続けば、より厳しい措置の対象となる」と説明した。プレーブックには規則に違反した場合の罰則として、警告、参加資格剥奪、大会からの除外、失格、金銭制裁に加え、国外退去が明記されている。(C)時事通信社