立憲民主、共産、国民民主、社民4党の野党党首は16日午前、新型コロナウイルス対応をめぐり、国会内で会談した。東京五輪・パラリンピック開催に伴う感染拡大など不測の事態に備えるため、憲法53条に基づき、政府に臨時国会の早期召集を要求する方針を決めた。
 会談後、立民の枝野幸男代表は記者団に、西村康稔経済再生担当相が金融機関などを通じて酒類の提供を続ける飲食店に「圧力」をかけようとした問題などに触れて、「国会としての役割を果たしていかなければならない。(臨時国会開催の)正式要求をすることで一致した」と述べた。 (C)時事通信社