政府は16日、東京五輪・パラリンピック競技大会推進本部の会合を首相官邸で開いた。本部長を務める菅義偉首相は、新型コロナウイルスの緊急事態宣言下での開催に触れた上で、「国民の命と健康を守るために感染対策を徹底し、安全安心の大会を実現していく」と表明した。
 首相は会場周辺のドローンの飛行停止や鉄道でのテロ対策、サイバーセキュリティー対策の徹底に言及。「テレワークの推進、交通規制などによる都内の交通量の削減などに取り組んでほしい」と事業者らに呼び掛けた。
 また、15日に成田空港で来日する選手らの動線などを視察したことを踏まえ、「海外から入国する選手や大会関係者について、検査や行動管理を徹底して、組織委員会や東京都と連携して万全な対応を行っていく」と述べた。首相は「最後まで高い緊張感を持って取り組んでほしい」とも語った。 (C)時事通信社