東京都は16日、東京五輪・パラリンピック開催時の新型コロナウイルスや交通対策などを確認する開催都市本部会議を開いた。小池百合子知事は幹部に「コロナ下という難局の中で、希望の光となる世界から注目される大会だ。新たなモデルとして成功させ、都市のレガシーを承継、発展させるよう連携してほしい」と訓示した。
 会議では、都が選手村近くに設置し保健所機能を持つ「保健衛生支援拠点」について、感染者が判明した場合は大会組織委員会の感染症対策センターと緊密に情報共有することなどが報告された。 (C)時事通信社