加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、海外在留邦人の新型コロナウイルスワクチン接種について、現地の大使館で実施することは困難との認識を示した。「大使館の医務官は任国の医師免許を有しておらず、接種実施にはさまざまな課題がある」と述べた。 (C)時事通信社