全国の地方自治体のうち、税収が豊かなため国から地方交付税を受け取らずに財政運営ができる「不交付団体」の数が2021年度は前年度より22減少し54団体となることが16日、分かった。新型コロナウイルスの感染拡大で自治体の税収が減少したことなどが影響したとみられる。 (C)時事通信社