菅義偉首相は16日夜、オンラインによるアジア太平洋経済協力会議(APEC)臨時首脳会議に出席した。開幕まで1週間となった東京五輪について「(新型コロナウイルスの)万全な感染対策を講じ、安全・安心な大会を実現する」と表明。「世界が大きな困難に直面する今だからこそ団結し、人類の努力と英知によって難局を乗り越えていけることを発信したい」と意義を強調した。
 同会議にはバイデン米大統領や中国の習近平国家主席らが参加。コロナ禍での五輪開催になお国内外で批判的な声がある中、首相は国際社会の支持を改めて取り付けて五輪に臨みたい考え。これに関し、日本政府関係者は「各国から温かい理解と期待が示された」と説明した。 (C)時事通信社