東京五輪・パラリンピック組織委員会は17日、大会関係者ら15人の新型コロナウイルス陽性が新たに確認されたと発表した。うち1人は海外から入国して東京・晴海の選手村に滞在していた大会関係者で、選手村内で陽性が判明する初ケースとなった。
 組織委によると、選手村での陽性判明者は選手ではないが、個人が特定される恐れがあるとして国籍など他の情報は非公表。寝室をともにしていた人は他におらず、現在は村外のホテルで隔離されているという。
 1日当たり15人の陽性判明は組織委の7月1日以降の発表では最多で、計45人となった。内訳は業務委託スタッフ7人、大会関係者6人、報道関係者2人で、15人中8人が海外在住者だった。 (C)時事通信社