【ジュネーブ・ロイター時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は16日、加盟国との非公開の会議で、新型コロナウイルスの起源に関して、中国・武漢の研究所や市場の監査を含む第2段階の調査を提案し、当局からの透明性の確保を求めた。
 会議に先立ちテドロス氏は、感染拡大初期の生データの不足で調査が妨げられていると指摘していた。
 WHOによると、テドロス氏は会議で、第2段階の調査に武漢の人や野生動物、華南海鮮卸売市場などの動物市場を含む必要があるとの考えを示し、「2019年12月に最初の感染が確認された地域の研究所や研究機関の監査を含むべきだ」と強調した。外交筋によると、中国は「未来の研究の基礎にならない」と反対した。 (C)時事通信社