加藤勝信官房長官は17日、北海道登別市を訪れ、新型コロナウイルス禍で打撃を受けた観光産業の復興策を探るため、小笠原春一市長や地元の観光関係者と意見交換した。
 温泉などで有名な同市は道内有数の観光地。小笠原市長は「コロナで観光客が激減している」と窮状を訴えた。これに対し、加藤氏は「一日も早く日常に戻して、観光、そしてインバウンド(訪日外国人旅行者)を回復していく流れをつくっていきたい」と語った。地元からは、昨年の観光支援事業「Go To トラベル」で観光需要が一時期回復したとの説明も受けた。
 意見交換会後、加藤氏は千歳市内で記者団に「インバウンドを含めて、(観光需要が)回復していく先で、それぞれの地域で対応できる態勢を支援していく」と述べた。 (C)時事通信社