【ソウル時事】韓国国防省は19日、海賊対策でアフリカ東部ソマリア沖に派遣されている海軍駆逐艦に乗艦している隊員301人のうち247人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。集団感染を受け、韓国軍は既に輸送機2機を現地に向けて派遣しており、全員を国内に移送する。
 駆逐艦は先月末から数日間、物資調達のため近隣国に寄港したが、その後に風邪の症状を訴える隊員が続出。集団感染の恐れが出ていたが、艦内では新型コロナの検査態勢が整っておらず、感染の確認に時間がかかっていた。
 感染率は8割以上に上る。隊員らがまだワクチン接種をしていなかったことに加え、艦内に密閉された空間が多いことが感染の拡大につながったとみられる。 (C)時事通信社