加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言中に、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らの歓迎会を開催したことに関し、「ソーシャルディスタンスの確保などコロナ対策が厳格に講じられた」と述べ、問題ないとの認識を示した。
 過去の五輪でも「歓迎行事が行われている」と説明。開催方式を大幅変更し、「飲食は提供せず、音楽を鑑賞する形で行われた」と理解を求めた。
 一方、共産党の小池晃書記局長は会見で「不要不急の最たるもので、国民感情を逆なでする行為だ」と批判した。 (C)時事通信社