社会学者の上野千鶴子氏らは19日、東京五輪の開催中止を求める約14万筆の署名を東京都に提出した。上野氏は都庁での記者会見で、新型コロナウイルスの変異株の広がりやワクチン接種の遅さを指摘。「いまさらと言われるが、最後の最後まで反対を言い続ける」と述べた。
 開催中止をめぐっては、元日弁連会長の宇都宮健児氏も45万筆超の署名を都に提出している。 (C)時事通信社