全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は19日、新型コロナウイルス対策をめぐり厚生労働省の山本博司副大臣とテレビ会議を開き、不足が指摘されているワクチンの供給量を増やすよう求めた。
 飯泉氏は「市区町村の個別接種を最優先とし、大規模集団接種、職域接種について早期の承認や受け付けの再開を行っていただきたい」と注文。英アストラゼネカ製ワクチンに関し「国内で生産されている利点も踏まえ、供給量を増やしていただくことができないか検討を進めてほしい」と述べ、活用を促した。
 山本氏からは、アストラ製の使用について「専門家の意見を聞いて答えを出したい」との回答があったという。飯泉氏が会議終了後、記者団の質問に答えた。 (C)時事通信社