東京五輪・パラリンピック組織委員会が、五輪に参加する外国関係者の宿泊施設で、15分以内の外出を特例として認める案内文を掲示していたことが19日、分かった。新型コロナウイルス対策規則集のプレーブックは選手を除く五輪関係者について、入国後14日間は散歩、外食などの外出を制限している。日本人と接触する可能性もあり、対策が徹底されていないとして批判が出そうだ。
 政府が19日に開かれた野党会合で案内文を示した。案内文は英語で「入国から14日間経過していないので、外出簿に『ルームナンバー、出発時間』を記載してください。お戻りになりましたら戻り時間を記載してください。15分以内に戻るようお願いします」と書かれている。 (C)時事通信社