23日の東京五輪開幕を控え、国際オリンピック委員会(IOC)の総会が20日、都内のホテルで始まった。バッハ会長やIOC委員らが参加。冒頭では、新型コロナウイルスにより亡くなった世界中の人々へ黙とうがささげられた。
 バッハ会長はあいさつの中で、史上初めて延期された大会の実現を可能にした世界中の医療従事者や日本政府などへ謝意を示し、「ついにここまで来ることができた。選手が輝き、世界中を刺激する舞台は整った。選手たちの喜びや涙がつくり上げるものこそ、五輪の魔法だ。日本にとっても輝く瞬間になる」と述べた。
 日本からは小池百合子東京都知事、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長、大会組織委員会の橋本聖子会長があいさつした後、菅義偉首相が登壇。「ワクチン接種も始まり、長いトンネルにようやく出口が見え始めている中で東京大会は開催される」との認識を示し、「国民の皆さんの命と健康を守ることを優先に対策を徹底し、安心安全な大会を実現する決意だ」と語った。 (C)時事通信社