梶山弘志経済産業相は20日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス対策の「家賃支援給付金」を詐取したとして、経産省のキャリア官僚2人が懲戒免職処分を受けたことについて、「深くおわび申し上げる」と陳謝した。
 梶山氏は「信頼を一日も早く回復するために職員一人ひとりが高い倫理意識を持って服務規律を順守することを徹底したい」と説明。今後の公判内容などを踏まえた上で、「検証を行い再発防止に努めていく」との考えを示した。 (C)時事通信社