【シドニー時事】豪州のマーシャル南オーストラリア州首相は20日記者会見し、新型コロナウイルスの感染を防止するため、同日午後6時(日本時間午後5時半)から7日間のロックダウン(都市封鎖)を導入すると発表した。豪州のロックダウンは3州目。南半球にある豪州は本格的な冬を迎え、気温が比較的低い南側でインド由来のデルタ株が流行している。
 南オーストラリア州では帰国後の14日間の隔離を別の州で終えた81歳の男性の感染が確認された後、感染が広がった。マーシャル氏は「デルタ株を撲滅するには迅速に行動する必要がある」と住民に理解を求めた。 (C)時事通信社