西村康稔経済再生担当相は20日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の都道府県間の移動を控えるよう呼び掛けていることに関し、選挙活動は「不要不急」には当たらないとの認識を示した。
 西村氏は「出張や旅行、どうしても必要なものなのか吟味していただきたい」と改めて国民に呼び掛けた。一方、国会議員の活動については「住民の代表を決めるという民主主義の根幹をなすものだ。応援演説を含めた選挙活動は不要不急には当たらない」と強調した。
 自民党は緊急事態宣言下での地元との往来や会食を自粛するよう要請している。二階俊博幹事長は同日の記者会見で「相手は国会議員だ。本人の判断に期待したい」と述べるにとどめた。 (C)時事通信社