自民党の二階俊博、公明党の石井啓一両幹事長らは20日、国会内で会談し、新型コロナウイルス対策の情報共有を目的とした政府・与党連絡会議を新設することで合意した。政府側にも伝えた。
 政府のワクチン接種や、酒類提供停止に応じない飲食店への対応での混乱を受けた措置で、公明側から提案した。同席した自民党の森山裕国対委員長は会談後、記者団に「与党と政府がしっかり認識を一致させていくことが大事だ」と語った。
 これに関し、加藤勝信官房長官は同日の記者会見で「(与党側と)よく相談しつつ、近々に対応できるよう準備を進めていきたい」と述べた。 (C)時事通信社