田村憲久厚生労働相は20日、来年分の新型コロナウイルスワクチンとして、米モデルナ社から5000万回(2500万人)分の供給を受ける契約を結んだと発表した。変異株への対応などを目的とした3回目の追加接種を想定している。
 厚労省によると、早ければ来年初頭から輸入される。同社は変異株に対応したワクチンの開発を進めており、完成した場合は対応型が供給されるという。 (C)時事通信社