国際オリンピック委員会(IOC)は21日、東京五輪開幕を23日に控えて東京都内で前日に続いて総会を開いた。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長も出席し、大会成功の基準は新型コロナウイルスの陽性者が出た際の適切かつ迅速な対応にあるとし、「患者を特定して隔離と治療を行い、(感染経路などを)追跡し、さらなる感染を防ぐことだ」と述べた。
 IOCのバッハ会長は感染対策に自信を見せ、これまで「選手村や日本人へのリスクはゼロと言える」などと話していた。しかし、テドロス氏は「いかなることも『ゼロリスク』はあり得ない。リスクは増えるか減るかのどちらかで、完全になくなることはない」と語った。
 テドロス氏は、コロナ下でも正しい対策や指針によって何ができるかを示すため、「東京五輪の成功を心から望む」と表明。五輪は世界に希望のメッセージを送ることができるとし、聖火リレーのトーチを手に、「日出ずる国からの希望の光で、世界を照らしてほしい」と話した。 (C)時事通信社