日本高校野球連盟は21日、今夏の第103回全国選手権大会(8月9日開幕、甲子園球場)の臨時運営委員会を開き、一般向けへの入場券販売は行わず、学校関係者に限定して一、三塁内野席に入場させることを決めた。新型コロナウイルスの感染状況を考慮した。
 感染防止で間隔を空ける必要があり、一、三塁それぞれの席数は2000強になる見込み。今春の選抜大会では1試合の上限を1万人とし、窓口での対面業務を避け、ウェブで一般販売していた。
 選手らチーム関係者には、大会前と大会中(初戦勝利後、準々決勝後)にPCR検査を実施。感染防止ガイドラインを作成して代表校に配布する。
 組み合わせ抽選会は8月3日午後4時から、オンラインで行う。 (C)時事通信社