日本医師会の中川俊男会長は21日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染状況について、「既に第5波が進行していると考える。感染者数が最も多かった第3波を超える懸念がある」との見解を示した。
 中川氏は、首都圏を中心に新規感染者数が増加傾向にあることや、東京都の重症者用の病床使用率が上昇している点を懸念。「変異株による感染の急拡大の危険性がある今、改めて基本的な対策の徹底をお願いする」と呼びかけた。 (C)時事通信社