【ワシントン時事】米国土安全保障省は21日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として講じているカナダおよびメキシコとの越境規制について、8月21日まで延長すると発表した。陸路と海路による観光目的など不要不急の移動が、引き続き禁じられる。
 感染力の強いデルタ株の拡散に伴い、米国内の感染者数が再び増加傾向に転じたことも、規制延長の背景にあるとみられる。産業界からは緩和を求める声が上がっているが、国土安保省は「安全かつ持続可能な形で規制を緩和する条件について、カナダ・メキシコ両当局と緊密に協議している」と説明した。 (C)時事通信社