東京五輪・パラリンピック組織委員会の岩下剛警備局長は22日、入国直後の五輪関係者に宿泊施設から15分以内の外出を認めた特例を撤回すると発表した。新型コロナウイルス対策規則集のプレーブックが厳格に運用されていないとして、政府が組織委に是正を求めていた。
 「15分外出特例」はプレーブックに記載がなく、宿泊施設で対象者に案内されていた。岩下氏は「誤解を与えかねないということで、全面的に見直す。外出は原則としてご遠慮いただく」と述べた。食料調達などは、宿泊施設に配置する監視員が対応する。
 岩下氏はまた、プレーブック違反が既に多数報告されており、大会参加資格証の効力を1日停止した事案も数例あることを明らかにした。違反数は公表していない。 (C)時事通信社