トヨタ自動車は22日、子会社のトヨタ車体の富士松工場(愛知県刈谷市)で7月末から計5日間、生産調整を行うと発表した。東南アジアで新型コロナウイルスの感染が拡大し、部品の供給が滞っているため。減産規模は約3000台。
 2本ある生産ラインのうち、第2ラインの操業を7月29、30日、8月2、3、4日の計5日間止める。対象車種はミニバンの「アルファード」「ヴェルファイア」「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」。不足している部品は半導体ではないという。 (C)時事通信社