日本がイランに供与する新型コロナウイルスワクチンを積んだ航空機が22日夜、成田空港を出発した。国際的なワクチン調達枠組み「COVAX」(コバックス)を通じた初めての支援。
 供与するワクチンは、英アストラゼネカ製約110万回分。今後追加し、計約290万回分となる見通し。 (C)時事通信社