菅義偉首相は23日午前、東京都内で、米製薬大手ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)と朝食をともにしながら会談した。新型コロナウイルスワクチン接種をめぐり自治体から安定供給を求める声が出ていることから、供給前倒しを要請したとみられる。
 首相は会談で、東京五輪・パラリンピック選手団などへのワクチンの無償提供に謝意を示した。ブーラ氏は「東京大会の成功を祈念する」と応じた。 (C)時事通信社